けいじばん
いちじはん

メンバー募集中

次回の句会は12月26日(日)錦糸町駅前13:30集合です

いちじはんは中高生を中心とした俳句の会です

秋寒のいらないものの立つ地面 苅谷花梨

不要となりつつも立たされる「いらないもの」の切実さが胸を打つ。
荒涼たる枯木林を想像してもよいが、この「いらないもの」は何の
ことなのだろうか。作者は高2で鋭い心象句を得意とする。

句会の話題句 (選評・北大路翼)



9・12句会より

毎月第3土曜日は美学校に集合!! 北大路翼の俳句塾。
メール

10・17句会より

木場公園吟行時の句。川沿いに大きな建物が整然と並ぶ木場の町並み。
隆盛を誇った当時とは景色こそ変ったがそこに暮らす人達の気質は変らない。
この秋風は疎外感よりも、そんな人たちの凛とした態度を喜んでいるようだ。
作者は中学3年生。日焼けした健康そうなスポーツ少年だが句が渋い!!
                                      

秋風が立ち入りできぬ木場の町 松本陽平

詳細

12月12日12:30 現代美術館でJAZZ句会があります